6歳までに通わせた方が良い幼児教育について

知育教材で遊びと通して学ぶ

絵本の読み聞かせの重要性

幼児期の中で親が一番力を入れている事と言えば子供に対して絵本を多く読んであげる事ではないでしょうか?
正しい生活習慣を身につけさせる中で、絵本の読み聞かせは学習と言う事に対して子供が一番最初に親から学ぶ事が出来る勉強だと思います。
読み聞かせをする中で言葉の意味や読解力が身に付くようになり、小学校に入学してからも文字を正しく読めるようになります。

また、書く事で文字を覚えて言葉に対する様々な知識を習得するようになります。
脳の成長も良くなり国語だけではなく全ての学習においての基礎となる力を付けられるようになると言われています。
一歩的に読んであげるのではなく一緒に絵本を読んだりする事で習慣として体に染みつくようになるそうです。

どのくらいですれば良いのか?

出来れば、週に3日程度は子供と一緒に寝ながらでも良いので絵本を読む時間を作るべきだと思います。
だいたい6歳までの脳は基礎的な事が形成されてしまう事が多いと言う事は前の記事でも紹介したと思いますが、幼児の内だから親と一緒に何かをすると言うのが嬉しいのです。
そこで行う事で言葉に対する習得スピードや想像力が豊かになるのです。

親子のコミュニケーションも深まるし子供自身の心も穏やかに豊かになっていくと思います。
様々な事に対しても集中力や創造力を高める効果もあるので実践するべき幼児教育の一つではないでしょうか?
好奇心も育てられるので感性も言葉のイメージも付けやすくなるそうです。
親と一緒にいるので安心感も生まれて情緒不安定になる事は少なくなるみたいです。


この記事をシェアする