6歳までに通わせた方が良い幼児教育について

言葉を使って考えさせる

挨拶のマナーについて

最低限の挨拶もきちんと教えておくべきだと思います。
その理由はやはり6歳以降は集団生活が子供の基礎となるわけですから、その中で様々なタイプの子や大人と接していかないといけません。
挨拶は正しい生活習慣の基礎であり、大人になってからも挨拶一つ出来る出来ないだけで大きく人生が左右される可能性もあるのです。

専門的な幼児教育を行う教室に通う事も良いですが、一番近くで見本となる親がきちんと挨拶だけでも幼児のうちからきちんと教えていく事で、良い人格形成に繋がっていくようです。
家でも簡単に出来る幼児教育と言うのは基礎はやはり親であり、特に幼児は何でも近くにいる大人の真似をしたがる習性もある事から正しい挨拶を教える事が大切だと思います。

食事のマナーについて

箸を持って綺麗に食事をすると言う事を教えてあげる事が出来るのはやはり親です。
特に、6歳までに脳は成長の多くを遂げてしまう為小学校に入学する前には箸の正しい持ち方だけでも教えてあげましょう。
まだ上手にすぐに持って食べる必要はないと思いますが、生活習慣の中で繰り返し行い覚えてもらうしかないと思います。

食事中はなるべく子供の事は見守るようにしてうるさく口出しせずに食事は楽しいものだと言う事を分かった上でマナーの一つとして身につけさせてあげると良いと思います。
常に子供に寄り添いながら分かりやすいように伝えていく事が重要になります。
きちんと出来た時は沢山褒めて楽しい雰囲気作りをしてあげる事を心がけましょう。


この記事をシェアする